Garden-Jubilance
My Natural Garden
Plants

【パルマスミレ】特徴、育て方の紹介。お部屋に置いていい香り。

香り高いパルマスミレについて。

冬~春先にかけてガーデニングのお店などに並んでくる「パルマスミレ」の紹介。非常に香りが強いのですが、とてもいい香りとして有名。紫や白の花が下に向きながら咲いています。

一鉢置くだけで部屋の中がいい香りに包まれます。超おススメ。

 

パルマスミレについて。

パルマスミレ

パルマスミレ:

  • とてもいい香りがするすみれの仲間。
  • 開花が2月~5月頃と言われていますが、1月中でも咲いていることも?
  • 花は下に向いて咲いています。
  • 耐寒性は強め、耐暑性は弱めとされているので夏場は風通しのよい日陰に。
  • 400円くらい。

パルマスミレの特徴として

パルマスミレ

日本では、冬季に栽培された蕾または花付きの鉢物が売り出される。イギリスなどの種苗店ではいくつかの品種のタネが売られており、タネから栽培するならインターネットの通販などで買うと良い。八重咲き品種と言う名称で別種のパルマスミレと言う芳香を持つスミレが販売されることもあるが、この品種の場合種子が出来ないので芽挿し等で増やさざるを得ない。

引用:Wikipedia

このパルマスミレはニオイスミレ、八重咲香りすみれと色々名前が混在しています。このパルマスミレはニオイスミレと別種のようです。

ニオイスミレはヨーロッパ方面が原産と言われています。

ニオイスミレ:Viola odorata

パルマスミレ:Viola suavis

今回購入したのはパルマスミレ。ニオイスミレと同様にいい香りが広がる八重咲の品種。

ガーデニングのお店や職場のハウス内には八重咲のパルマスミレでした。どこかでニオイスミレも入手したいところです。

 

まとめ

パルマスミレ

今回はパルマスミレを紹介しています。

冬の時期に苗が販売されていますが、耐寒性が強めとはいえ氷点下になる場所は避けたいところです。

花が下向きに咲いているので、ちょっと高めな場所に設置することで香りが更に感じられるかもしれません。

TOP